ブログ

足裏反射区1【耳】

ようやくオープンのドタバタも少し落ち着いたので、施術を通して
感じたこと、気づいたこと等を書いていきたいと思います。

さて、第1回目は、耳の反射区について。

耳の反射区は、薬指と小指の付け根の部分です。

左足の指⇢右耳、右足の指⇢左耳に対応しています。

私が自分で押す時は、親指と人差し指で挟んで親指でぐりぐり押しています。

この耳の反射区ですが、6月に入ってからというもの、押すと「いたっ!!」と叫ぶ
お客様が続出。

(ちなみに私の施術はどこもかしこも激痛、と言うほど痛くはないです。)

1人目の方は、「最近聞こえづらくて午前中耳鼻科に行って来たの~」ということ
だったので、なるほど、と納得したのですが。

翌日のマルシェでのお客様もほとんどの方が「いたっ!!」

そして翌週のお客様もいたっ!!」、そして今週も。。。

?????
一体何の流行り???
なぜ、なぜ~???

と、疑問に思っていましたが、最近雨が多いせいでは?と気づきました。

雨が降る→低気圧→天気痛(気象病)ということのようです💡

天気痛(気象病)の代表的な症状の中に、耳鳴りや耳が聞こえにくくなる、
といったものがあります。

だから皆さん耳の反射区が痛かったんですね。納得。

自覚症状のない方も実はダメージを受けているので、お忙しいとは思いますが、
ゆっくり過ごせるといいですね。

反射区を押す時の注意点反射区を押す時の注意点 毎日プロに施術を依頼することは現実的でないので、セルフケアでの足もみも推奨しています。 その際の注意点を...