はじめに

Believerのウェルビーイング経営支援

ウェルビーイングとは

ウェルビーイング(Well-being)は、「良い(Well)」と「状態(Being)」からできた言葉で、1946年に署名された世界保健機関(WHO)憲章の「健康とは」の定義で使用されています。

身体的、精神的に健康な状態であるだけでなく、社会的にも良好で満たされている状態であることを意味する概念です。

「Happiness」が瞬間的な幸せを表すのに対し、「Well-being」は持続する幸せを意味しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。」

世界保健機関(WHO)憲章とは | 公益社団法人 日本WHO協会

https://japan-who.or.jp/about/who-what/charter/

 

主観的ウェルビーイングと客観的ウェルビーイング

主観的ウェルビーイングは幸福度、満足度、充実度など、本人の主観によるもので、客観的ウェルビーイングはGDPや平均健康寿命などの客観的に測定できるものです。

日本は、平均健康寿命世界1位(※1)、GDP世界3位(※2)など、客観的ウェルビーイングは世界でも上位ですが、世界幸福度ランキングでは137ヶ国中47位(※3)と、主観的ウェルビーイングは決して上位とは言えません。

現在の日本は、豊かな環境にありながらも、幸福だと感じている人が少ない。
という事がこれらの統計から読み取れます。

※1 WHO World Health Statistics 2023
※2   2023年は4位になる予測
※3 World Happiness Report 2023

ウェルビーイング経営とは

ウェルビーイング経営とは、従業員がウェルビーイング(幸福度・満足度・充実度)を実現できるよう、働く環境を整える経営のことを言います。

従業員のウェルビーイングと一言で言っても、働く人の価値観が多様化していく中、幸福感や満足感のポイントも人それぞれ。

一律に制度化しただけでは対応しきれない部分があり、制度を補完する機能が必要であると考えています。

ウェルビーイング経営による主なメリット

ウェルビーイング経営は、即効性があるものではなく、また、効果の検証が難しい側面もありますが、長期的視点で見れば確実にメリットがあります。

少子高齢化による人材不足の中で、人材の流出を防ぐだけでなく、新たな人材の確保につながることは、企業にとって大きなメリットです。

他にも生産性向上、医療費の削減など、さまざまなメリットが挙げられます。

生産性の向上

心身ともに健康であると、集中力も高まるため、業務効率が上がり、時間外労働の抑制(=人件費の低減)になります。
また、新しいアイディアが生まれることにより、企業の発展に繋がるなどの効果も期待できます。

医療費の低減

未病の状態で対処をするため、病気になるリスクが減り、医療費の低減が期待されます。
高齢化社会による健康保険組合の赤字問題の対策の一助にもなります。

離職率の低下

離職者が減ることにより、離職に関わる事務作業や、採用活動、引継ぎに関わる労力やコストの削減が期待されます。
また、「他の従業員への負担増により、新たに離職者・休職者が発生する」という、負の連鎖も防ぐことができます。

企業のイメージアップ

ウェルビーイング経営に取り組む=従業員を大切にする企業として、良い印象を与えます。離職率が低いことや、社員が活き活きと働く様子もイメージアップにつながり、優秀な人材を確保しやすくなります。

Believerのウェルビーイング経営支援

Believerの強みは、心と体、両方の専門家であること。

また、長年の企業勤めで培った従業員目線と経営者目線の両方を持ち合わせていること。

どちらか一方に偏り過ぎることなく、俯瞰した目線で「何が本当に必要なのか?」を常に考え、最善の支援を提案させていただきます。

基本方針

メンタルヘルスケアには

  • 一次予防【未然防止】
  • 二次予防【早期発見ならびに早期対処】
  • 三次予防【職場復帰支援ならびに再発防止】

と3つの段階があり、Believerは、まず1.5次予防をターゲットとしています。

未病(※4)の状態で早期対処を行うことにより、本来の姿である一次予防並びにワーク・エンゲージメント(※5)につなげていく。

これがBelieverの基本方針です。

※4未病・・・発病には至らないものの健康な状態から離れつつある状態

※5ワーク・エンゲージメント・・・従業員が仕事に対してポジティブな感情を持ち、充実している状態

支援内容

心と体はつながっている

体がほぐれると、心も自然にほぐれる
これは私がセラピストとして実感していることです。

普段なかなか人に弱音を吐けない方も、体をほぐすと自然に心もほぐれて、さまざまなお話をしてくださいます。

メンタル不調になる方の中には、責任感が強く、仕事を投げ出せない方が多くいらっしゃいます。辛くても、我慢をしてしまい、限界まで来て病気になってしまう。
身近でそんな例をたくさん見てきました。

心が疲れている時は、体も疲れています。
体が疲れている時は、心も疲れています。

心と体、どちらからのアプローチでもよいと思います。

ただ、カウンセリングに行くという心理的ハードルを下げるという意味では、体からのアプローチや研修という手法が有効だと感じています。

体からのアプローチ

病気も元を辿っていくと、自律神経の乱れが原因であることがほとんどです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は、活動するときに働く神経で、副交感神経は、休息やリラックスをするときに働く神経です。

交感神経はアクセル、副交感神経がブレーキだとすると、両方のバランスが良くないと、車ははスムーズに動きませんよね。

「自律神経が乱れる」とは、このアクセルとブレーキが上手に使えていない状態です。現代社会は交感神経が優位になりがちな生活です。副交感神経への切替を上手にすることが、自律神経を整えること、すなわち病気を防ぐことに繋がります。

Believerの体のケアは、副交感神経を優位な状態にします。ほんの一時、ブレーキを踏んでお休みする。この時間だけは、すべてを忘れて「今ここ」に集中する。
自分を後回しにして、仕事や家族などのために忙しく過ごしている皆様に、自分のための時間、自分を大切にする時間として過ごしいただきたいと、心から願っています。

<フットセラピー>

足つぼのイタ気持ちいい刺激で心も体もスッキリ。足裏は全身につながっているので、足を押すだけで全身の健康促進につながります。
立ち仕事、座り仕事、たくさん歩く方、足がお疲れの方や、足のむくみが気になる方には特におススメです。

フットセラピーとはフットセラピーとは セラピー(therapy)は、直訳すると「治療」「療法」という意味で、手術や投薬を行わない心理療法や物理療法のこと...

<クラニアル(頭蓋骨調整)>
頭蓋骨そのものに小さな圧力をかけ、神経系、筋膜系、経絡系にはたらきかけ全身を調整していきます。優しいタッチで、ほとんどの方が寝落ちされます。起きた時は頭は軽くスッキリ。目の周りもスッキリするので眼精疲労の解消にもつながります。
自覚症状がない方でも、頭はお疲れの方が多いのですが、デスクワークなどで目や頭を酷使する方、頭痛持ちの方には特におススメです。

クラニアル(頭蓋骨調整)/クリスタル・クラニアルとは出張フットセラピーBelieverのメニュー、クラニアル(頭蓋骨調整)、クリスタル・クラニアルについて。 頭蓋骨そのものに小さな圧力をかけることにより、神経系、筋膜系、経絡系にはたらきかけ全身を調整していきます。...

心からのアプローチ

企業の中の保健室のような場」づくりを目指しています。

カウンセラーと言うより、保健室の先生のような存在。
ちょっとした愚痴でもお悩みでも気軽に相談できるような雰囲気にした方が、従業員が利用しやすいのではないかと考えています。

<カウンセリング>

産業カウンセラーとしての傾聴力、共感力を用いて、その人本来の力で問題を解決していくことをサポートします。

<アドバンスカラーセラピー>
名刺サイズの様々な色のカードを使用するカラーセラピー。選んだ色と言葉から、お話しを聴いていきます。
色には潜在意識が表れるので、より深い部分のお話を聴くことができます。

自己受容、他者受容を学ぶ「魅力の色のワーク」など楽しいワークもあります。

アドバンスカラーセラピーとはアドバンスカラーセラピーとは ADOVANCE=前進 カラーセラピー=色を用いて心を癒すこと アドバンスカラーセラピーは、色彩...

ストレス度チェック・幸福度チェック

アドバンスカラーセラピーを用いたストレス度チェック、幸福度チェックでは、自分が何にストレスを感じているのか、何に幸福を感じるのかを、潜在意識レベルでチェックすることができます。

<ストレス度チェック>

一般的なストレス度チェックは、クローズドクエスチョン(Yes,NO)であることに対し、オープンクエスチョン(自由回答)で回答するため、自分が「何に」ストレスを感じているのかが、明確になります。

明確にした後は、自身や周囲の人と解決法を探し、どのように向き合っていくかを検討していくうちに、ストレスであったものがストレスでなくなったり、対処方法が見つかったりします。

ストレスはあって当たり前、その対処の仕方を学ぶ内容となっています。

<幸福度チェック>

一人一人価値観が異なる中で、自分が「何に幸福を感じるのか」が明確になり、どのような働き方を望んでいるのかも明確になります。

職場とのアンマッチを防ぐためにも、自分が何を望んでいるのかを知ることは大切です。

ストレス度チェック・幸福度チェックと併せて、多様な価値観を理解するワークなども取り入れており、単なるチェックではなく、視野を広げることも意識した内容となっています。

実践研修

リフレーミング、自律神経を整える方法、マインドフルネスなど、幸せを感じやすくするための研修を行います。

ワークや実際に体を動かすなど、堅苦しくなく、楽しみながら学べ、その後の日常生活に活かせる実践的な内容です。

お問合せ・ご相談

メニューバーのお問合わせフォーム、または下記メールアドレスへお願いいたします。
believer.ieda@outlook.com

お困りごとの相談だけでも、お気軽に連絡ください。