ブログ

リフレクソロジーセルフケア4(基本のゾーン・老廃物の排泄<副腎・腎臓>)

リフレクソロジーセルフケア。いよいよ実践です。

まずは、リフレクソロジーの基本とも言える、老廃物の排出に関わる器官です。

関連する器官

①副腎

左右の腎臓の上にある三角形状の小豆大の臓器で、外側の「皮質」と内側の「髄質」とに分かれています。人が生きるために必要なホルモンを分泌する内分泌腺です。

②腎臓

腰の上の背中側に、左右ひとつずつある、ソラマメ型をしたこぶし大の臓器です。
体内の余分な水分や老廃物を尿として排泄し、血液をきれいな状態に保つ「ろ過装置」としての役割りがあります。
他にも、血圧を調整する、体内の水分量とイオンバランスの調節する、血液をつくる、骨を丈夫にする、などの働きがあります。

③輸尿管

輸尿管は、膀胱と腎臓を繋ぐ尿の通り道です。
腎臓で作られた尿は、輸尿管を通り膀胱へと運ばれていきます。

④膀胱

腎臓から送られてくる尿を一時的に溜める袋状の臓器です。成人では、300~500mlの尿を溜めておくことができます。

 

 

 

 

 

反射区

人差し指と中指の間を真っすぐ下りて来て、凹むところが副腎、その下が腎臓。

そのまま足の内側に向かってカーブしているのが輸尿管。最終地点が膀胱です。

押し方

副腎、腎臓、輸尿管、膀胱と人差し指の第2関節で押していきます。

この手の形です。

 

 

 

 

 

輸尿管のカーブは点で押すよりも、滑らすように押した方が押しやすいです。

必ずクリームやオイルを塗ってから始めましょう。

よもやま話

副腎のゾーンは湧泉(ゆうせん)というツボで「生命力が泉のように湧き出る」と力強い名前がついています。

疲労回復や足の冷えなどにもよいとされる万能のツボ。

そして副腎は、アレルギーにも関係しているので花粉症の季節にぜひ押してほしい反射区の1つです。

花粉で肌荒れがひどかった我が家の娘も、私が毎日押しているからか、今年はまだ症状が出ていないようです。
症状が出てからだと、なかなかすぐに効果が感じられないので、予防として取り組むのがおススメです。

次回は花粉症の症状緩和のためのリフレクソロジーです。

 

リフレクソロジーは日々のセルフケア、時々プロの手が理想的。
プロの手を借りたい時は是非Believerにご依頼ください。
セルフケアだけでは得られないスッキリ感を体感していただけること間違いなしです。
日本全国出張可能です。

メニュー出張フットセラピーBelieverのメニュー。お試し2,000円~フットセラピー(足つぼ)、クラニアル(頭蓋骨調整)、クリスタル・クラニアル、アドバンスカラーセラピー...