ブログ

足裏反射区7【肩】

第7回目は肩の反射区について。

ご依頼くださるお客様のお悩みの第1位は肩こり。
自覚症状がある方だけでも7割近くいらっしゃいますが、中には無自覚の方も。

肩の反射区は、小指の付け根からまっすぐ下が肩関節(ふくらんでいるところ)、
指の付け根から指1本分くらい下の、人差し指付け根から小指に向かうゾーンが僧帽筋。

人差し指の第2関節でそれぞれ力を入れて流します。

押してみてごりごりしている、固い、という時は、自覚症状がなくても肩が凝っています。

他の反射区と比べて痛みが少ない(と私は思っている)ので、痛みに弱い方もセルチェックがてら、ぜひ押してみてください。

運動不足、長時間の同じ姿勢、眼精疲労、ストレスなどにより
筋肉疲労、血行不良が引き起こされ、肩こりになります。

デスクワーク、スマホ・PCの使用、ハンドメイドでの細かい作業、などなど。
小学生もランドセルがかなり重いので、意外とこっています。

ひどい肩こりは頭痛も引き起こすし、本当につらいですよね。(経験者談)

肩こり解消には

  • 運動する
  • シャワーだけで済ませず湯船につかる
  • ストレッチをする

など、筋肉のこわばりを取り、血流をよくすることが効果的。

でも、わかっていても忙しくて時間が取れない!という方には、日常生活で取り入れられるちょっとしたこと心がけをお勧めします。

  • 腕を動かす時に肩甲骨から動かす(腕は肩甲骨から!と言う気持ちで動かす)
    →四十肩、五十肩の予防にもよいです
  • パソコン作業が多い方は後ろに腕を伸ばす、手のひらを上に向ける→過度に同じ体の使い方をしているので、反対の使い方をする
  • 深呼吸をする→緊張しがちの方や、集中しがちの方におススメ
    気づくと呼吸が浅くなっているかも(下手すると止めている!?)
    自律神経が整います

超多忙だった頃の私の、これならできるかも、ということです。

ただし、運動やストレッチなどの改善策を行っても全く効果がない、肩こり意外に息切れや吐き気などの症状がある、急に凝りすぐに解消する、などの場合は、病気の可能性もあるそうなので、ご注意くださいね。

反射区を押す時の注意点反射区を押す時の注意点 毎日プロに施術を依頼することは現実的でないので、セルフケアでの足もみも推奨しています。 その際の注意点を...