ブログ

足裏反射区5【眼】

第5回目は、眼の反射区について。

目の反射区は、人差し指と中指の付け根の部分です。
左足の指⇢右眼、右足の指⇢左眼に対応しています。

自分で押す時は、親指と人差し指で挟んで親指でぐりぐり押します。

耳の反射区ブログでも書きましたが、同じ箇所にお悩みを抱えるお客様が続くことがあります。

足裏反射区1【耳】ようやくオープンのドタバタも少し落ち着いたので、施術を通して 感じたこと、気づいたこと等を書いていきたいと思います。 さて、第1...

最近の流行り?は眼の反射区のようで。

そもそも現代社会はPCやスマホ、タブレットなどの影響で眼を酷使しがち。
更にコロナ禍でのリモートワークやおうち時間でのゲーム時間の増加など、追い打ちをかけている状況。

このお仕事を始める前は、自分の経験上ほとんどの方が眼の反射区は痛いのでは、と思い込んでいたのですが、全員というほどではなくて。
体感としては半分もいらっしゃらなかったかな。

「眼の疲れ」の段階だと睡眠を取ることで疲れが取れるので、反射区を押してもあまり痛くないのかも。

(ちなみに、「眼精疲労」の段階になると睡眠を取っても疲れが残り、眼の奥に常に塊がある感じ。かすむ、まぶたが痙攣する、など眼の症状以外にも頭痛、肩こり、吐き気などの身体症状が出ることもあります。)

それが、8月に入ってから眼の反射区を痛がる方が何名も。
ということは、またしても季節要因???

夏ならではの要因だとすると、考えられるのは

  • 紫外線が強い
  • エアコンによる乾燥

紫外線と乾燥、いかにも目に悪そう💦

つまり、夏は強い紫外線と乾燥にさらされ続け、目も夏バテしているということ。

胃腸ほどはっきりとした症状が出ず自覚しづらいので、事前に対策しておくのがおススメ。

  • 紫外線⇢UVカット機能のサングラスをする
  • エアコン⇢エアコンの風が直接目に当たらないようにする

どのメガネも似合わない私は、運転でまぶしい時以外サングラスをしていませんでしたが、日差しが強い時はサングラスをしておいた方がよさそうです。

そして、夏に限らず眼精疲労に効果的なのは

  • 瞬きの回数を意識的に増やす
  • 遠くを見る
  • 眼の体操をする
  • 眼の周りを温める
  • 眼に良い食事を心がける

そして、もちろん、

  • 目の反射区を押す

反射区を押して痛みがあるということは疲れているということ。

自覚はなくても実は疲れている、という状態に気付けるのがリフレクソロジーのすごいところ✨

カウンセリングシートに記入していただきますが、ご自覚のない箇所もきちんと施術できるよう、私自身は先入観を持たずに触った感覚を大切にするよう、心がけて施術しています。

反射区を押す時の注意点反射区を押す時の注意点 毎日プロに施術を依頼することは現実的でないので、セルフケアでの足もみも推奨しています。 その際の注意点を...